トップページ > 美白対策のポイント > 美白成分は浸透しない?

美白成分は浸透しない?

シミを消したいと思って美白化粧品を化粧品を使ってもなかなか効果を感じないという方もいると思います。

多くの美白成分は水溶性です。そのため油(皮脂)で覆われている人の肌には浸透しにくい性質があります。 例えば、シミに最も効果的な美白成分と言われるハイドロキノンは水溶性です。 また、美白やエイジングケアに有用な成分であるビタミンCも水溶性です。 いくら美白に良い成分でも肌に浸透してメラニン色素まで届かなければ十分に効果を発揮できません。

だから美白化粧品を選ぶときには、浸透するようなものでなければいけません。

美白効果が高いコスメは、ハイドロキノンやビタミンCを肌に浸透しやすいように加工しています。 人気のアンプルールやビーグレンは、ハイドロキノンを浸透しやすいように工夫しています。

よく耳にするビタミンC誘導体も、浸透しやすいように加工されたビタミンCです。肌に浸透した後でビタミンCになります。

シミを消したいと思って美白化粧品を化粧品を使ってもなかなか効果を感じないという方もいると思います。 多くの美白成分は水溶性です。そのため油(皮脂)で覆われてい