トップページ > 敏感肌の方はこちら > 敏感肌特有のシミサイクルとは

敏感肌特有のシミサイクルとは

紫外線を浴びると肌が炎症を起こし、肌内部で刺激物質が発生します。この刺激物質がメラノサイトを刺激すると、チロシンとチロシナーゼが結びつきメラニンが作られます。

敏感肌は肌のバリア機能が低下しているので、外部刺激の影響を受けて炎症を起こしやすい状態です。すると刺激物質が発生しメラニンが生成されます。紫外線だけでなく外部刺激の影響も受けるので、敏感肌は普通肌よりもシミができやすいというわけです。また、刺激の強い美白成分も炎症の原因となります。これが敏感肌特有のシミサイクルです。

敏感肌のシミサイクルを防ぐのに大切なことは2つ。
刺激の強い美白化粧品を使わない
肌のバリア機能を正常に働かせる
この2つのポイントをおさえた美白化粧品が最適です。

紫外線を浴びると肌が炎症を起こし、肌内部で刺激物質が発生します。この刺激物質がメラノサイトを刺激すると、チロシンとチロシナーゼが結びつきメラニンが作られます。