トップページ > シミが出来る原因 > 紫外線がシミの原因になる

紫外線がシミの原因になる

肌に紫外線があたるとシミができるということはご存知かもしれません。なぜ紫外線がシミの原因になるのでしょうか?

紫外線が肌にあたると、そのままでは皮膚癌の原因となります。それを防ぐために肌は黒いメラニン色素を作って、紫外線をブロックしようとするのです。つまり、皮膚癌になるのを防ぐためにメラニンが作られ黒いシミができるのです。

紫外線をによりシミができるのを防ぐには、UVケア用の化粧品を使うことです。最近では、様々なコスメにUVケア用の成分が入っているものが登場しています。そのような基礎化粧品を使うことでシミを予防できます。

紫外線対策と言えば、夏の日差しが強い頃にするイメージがありますが、実は春も紫外線が多いのです。春にもUVケアを忘れないようにしましょう。

肌に紫外線があたるとシミができるということはご存知かもしれません。なぜ紫外線がシミの原因になるのでしょうか? 紫外線が肌にあたると、そのままでは皮膚癌の原因と