トップページ > 脂性乾燥肌の方はこちら > 脂性乾燥肌・混合肌の美白のポイント

脂性乾燥肌・混合肌の美白のポイント

脂性乾燥肌(インナードライ)とは、肌の表面は皮脂で脂っぽくなっているのに肌の内部は乾燥している状態です。脂性乾燥肌の方がよく間違えることがあります。それは、肌表面が脂っぽいので脂性肌だと勘違いし、洗顔で皮脂を全部とってしまうことです。いくら洗顔で皮脂を取っても、肌内部は乾燥しているので肌の防御機能が働きますます皮脂が過剰分泌します。脂性乾燥肌の正しいケア方法は、肌内部を十分に保湿することです。そして水分が蒸発しないように、肌のバリア機能を正常に保つことが大切です。最近では、脂性だと思っている女性の多くが脂性乾燥肌なのではないかと言われています。

混合肌とは、Tゾーンなど顔の一部が脂っぽく、それ以外の部分が乾燥している状態です。混合肌の場合も保湿することが大切です。Tゾーンが脂っぽいからと言ってサッパリタイプのコスメを使うのは厳禁。Tゾーンの皮脂汚れを落とした後でしっかり保湿しましょう。混合肌の場合も、十分に保湿することと、肌のバリア機能を正常に保ち水分蒸発を防ぐことが大切です。

脂性乾燥肌と混合肌、どちらの場合でもバリア機能の正常化十分な保湿が出来る美白化粧品を選びます。

脂性乾燥肌(インナードライ)とは、肌の表面は皮脂で脂っぽくなっているのに肌の内部は乾燥している状態です。脂性乾燥肌の方がよく間違えることがあります。それは、肌